契約がない在宅ライターの特徴を活かして稼ぐ


当サイトで説明している在宅ライターは、依頼主と契約を結びません。在宅サイトに行き、そこで記事募集している依頼主を探し、条件に基づいて記事を提出する。


そのため、「依頼内容=仕事・趣味のジャンル」を見つけられれば、好きなことを書いて副収入が得られます。得意分野の依頼なら、気分的にも楽ですし、すらすらと記事も書けて一石二鳥ですよね。


会員登録が必要な在宅サイトでも、利用は全て無料です。だから、できるだけ多くの在宅サイトに登録しておくべきです。1つの在宅サイトで依頼主を探すより、5つのサイトで依頼主を比較・検討する方が、より高待遇な案件とも出会えますから!!


質の高い記事を提出すれば在宅ライターとして次に繋がる


「依頼内容=仕事・趣味のジャンル」にはメリットがあります。それは、自然と記事の質が高くなるため、再依頼の可能性が考えられるという点です。




上記は、Plus記事作成代行サービスという在宅サイトです。その依頼主側の管理ページになります。1番下に「スカウト」って書いてありますよね。これは、過去に記事を提出してくれたライターに対して、直接依頼をお願いできるシステムなんです。


同じシステムを採用している在宅サイトもあれば、ダイレクトメッセージを使って再依頼できる在宅サイトもあります。あんたが書いてくれた記事よかったよ!また記事書いて!!というスカウトなので、依頼内容も「仕事・趣味のジャンル」である可能性が高いですよね。


頻繁にスカウト・再依頼があれば、改めて依頼主を探す手間も省けます。依頼主の要望によっては、契約ライターに昇格することも考えられるでしょう。これが苦手分野だったら、絶対にあり得ないですよね。