暇な時間を使ってお金が稼げる在宅ライター


在宅ライターを始めてみたい、自宅に居ながら毎月1万円から10万円のお小遣い稼ぎをしたい人向けに、簡単ではありますが情報をまとめてみました。紙面掲載のプロライターではないため、初心者でも今日から在宅ライターになれます。


まずは、月10万円稼いでいく流れを紹介します。難しいと感じる部分もあるでしょうが、目標金額を達成するために何をすべきかが分かります。


いきなり在宅ライターを始めるのではなく、仕事の全貌を理解してから、やる・やらないを決めていきましょう!少しでも興味があれば読み進めてみてください。


ライター初心者が月10万円稼ぐまでの流れ




副業として始められるライター業務には、上記3種類があります。右に行くほど、難易度が上がっていき、そのぶん稼げる金額も大きくなっていきます。どれも「文章を書いてお金を貰う仕事」となりますが、記事の質や専門性に大きな違いがあります。3つとも経験した、私の個人的な意見を紹介すると・・・




ブログライター
パソコンを使って300文字以上の文章を書いたことがなく、タイピング(文字打ち)速度が非常に遅い人向けの仕事。月1万円から10万円の副収入を稼ぎたいが、ライター作業に自信がない人におすすめ。


在宅ライター
パソコンを使って、卒業論文や仕事用レポートなど、1000文字以上の文章を書いたことがある。ジャンル問わず、ブログやホームページの運営経験がある。指示があれば、「友達言葉」「ですます調」の文章が書ける。情報収集(ネット検索)すれば、指定されたジャンルやキーワードで文章が書ける人向けの仕事。


契約ライター
在宅ライターの項目にプラスして、依頼主とメールなどで連絡が取れる。継続的に文章を書いて、記事提出ができる人向けの仕事。



ざっくり説明すると、こんな感じです。ブログライターは、ブログライターサイトに登録して作業をスタートさせます。在宅ライターと契約ライターは、在宅サイトで依頼主を見つけて、その依頼主の下で記事作成や提出をします。


概要を知った上で、明らかにブログライターから始めた方が良いと思った人は、以下のサイトを参考にしてみてください。

>>ブログライター(姉妹サイト)


条件を満たしているなら在宅ライターを始めよう!


今すぐにでも作業を開始したい!って人は、在宅サイトで募集案件の内容を読み、依頼主を探してみましょう。

>>在宅サイト一覧


まだ不安でいっぱいな人は、当サイトの個別記事を読み進めてみてください。私の体験談を含め、できるだけ詳しく紹介しているつもりです。在宅ライター、契約ライターを始める前に読んでおけば、何かしらの参考になるかと思います。

>>在宅ライター
>>契約ライター
このエントリーをはてなブックマークに追加